年金世代がコンビニエンスストアで働く時代が到来?シニア世代(55〜75歳)向けのコンビニ就労支援サービスが開始。

 

大手コンビニ各社がシニア世代(55〜75歳)の高齢者世代を対象にコンビニ就労支援サービスを開始しています。年金をもらうはずの世代にも関わらず、働かなければならない時代が到来しているのかもしれません。

 

1.高齢者(60歳以上)でもコンビニでアルバイトする時代

最近のコンビニはアルバイトとして働いてくれる人が本当に少ない傾向にあるようで、近所のコンビニも海外の学生たちが早朝・昼・夕方・深夜と幅広く働くようになっています。

 

特に、コンビニは近場にスーパーのない高齢者、お年寄りの方にとっては丁度良い場所のようでコンビニ利用のお年を召した方が増えているので、同じような年齢の高齢者の方がレジ店員をする準備が始まっています。

 

大手コンビニ各社行い始めている動きとして、コンビニ就労支援サービスが活発化して行くなかで、近い将来、コンビニに高齢者レジ店員が現れる可能性もあります。

 

正直、どうなのでしょうか?

 

アルバイトコンビニ店員は、意外と大変ですし、経験から言って僕もあまり自分のおじいちゃん、おばあちゃんに進めたくはありません。反面、少子高齢化で人が少なくなる日本では、当たり前の動きなのかもしれません。

 

2.ニートからしたら、もうコンビニ行けない可能性も・・・

元ニートとしては、コンビニに海外の学生がいたとしても辛いのに、おじいちゃん、おばあちゃん世代がコンビニ店員をしているなんて、、、と感じます。

 

別にいいんですけど、ニートの前に高齢者はかなりくると思います。気持ち的にいくたびブルー入るのは嫌じゃないですか?微妙だなと〜と。

 

反面、そうしないといけない必要性もあって、まぁ、ニートから卒業すれば良いだけなんですけど、そうも言えないのが現実で。

 

ニートを数年やっていた側としては、絶妙なんですよ。

 

仕事をしたい気持ち、入社したい気持ち、憧れている自分。

 

けど、いざ働く自分は想像できないし、多分、馴染まない。前向きに一瞬なれても、あまりうまくいく自分を考えられない。

 

ここら辺の想像をしてしまいました。普通に。ニートは辛いかもな。コンビニおじいちゃん、コンビニおばあちゃんとか・・・

 

3.自分よりも年上の人の高齢者もコンビニバイトへ

高齢者の人が、コンビニバイトで働く時代が来たことが、本当の意味で驚きで、僕の中だとそれはありえないと考えていたんです。体辛いだろうし。

 

けれど、今の50〜70代の人たちは、80〜100歳の高齢者と比べても年金をカットされたり、医療費を負担していたりするので、少しだけ働いて生活に潤いを足したい需要があるのは、うなづけると感じます。

 

今は、海外の学生がコンビニバイトをしている雰囲気がありますが、もしかしたらそのうちおじいちゃんレジ打ち、おばあちゃんコンビニバイトが当たり前になるかもしれません。

 

ほっともっと・マクドナルドは30〜40代が多い

僕の近辺だと、ほっともっと、マクドナルドは30〜40台のまだまだ働きたい主婦層が多いイメージがあります。マクドナルドは、平日の場合は900円のデフォ時給で、夜orか朝だと1125円と極めて高い時給を手渡しています。

 

0〜5時の深夜帯だと、1250円の時給とかを平気で支払うので、そりゃ、コンビニバイトに大学生が流れないよな・・・と思います。マックも深夜帯に営業する店舗は限られているので、そうそう1250円とかはない感じですが。

 

確か、六本木店は深夜帯も営業したので、5hx1250=6000円/1日とかを稼げる計算です。そのあと、早朝帯の1125円でも働けば、可能な範囲でしかないんですが、10000円とか稼げる計算になるんですよね。

 

いや、普通にすげーな。コンビニもこれくらいの時給を支払う時代になるかもしれません。

と、いう具合で、高齢者アルバイトが当たり前になるのかなと。

高齢ニート・中年ニートと呼ばれる40歳以上のニートがいるとニュースで話題になっていますが、意外と、コンビニスタートはニートも良いかもしれません。

 

4.ニートが正社員を目指すには?

おすすめ度:★★★★★

求人数:★★★★☆

使いやすさ:★★★★★

年収アップ率:★★★★★

転職サポート:★★★★★

ニート、中退、既卒、高卒、第二新卒、社会人経験なしでも、書類選考がなく、履歴書で落とされることない。

学歴や資格じゃなく、人柄や意欲を評価するIT企業に正社員就職できる就職Shopです。

 

僕が就職に成功した就職エージェントで、低学歴(千葉の私立大学)文系卒業でも、ニートが就職しやすい良い企業を詳しく取材した形で紹介してくれました。

 

就職shopは、ほかの求人サイトと違って、良いIT企業を転職エージェントが直接教えてくれます。出会える企業も研修(最低でも1ヶ月は行う)もしっかりしていて、ブラック企業で働きだすということがないんです。

 

正社員採用が良い。ブラック企業はいやだ。パワハラ・モラハラ・過労死なんてもってのほか。求人サイトは使いづらい…。

 

ニートから就職したいなら、就職shopを1度は利用してみてください。

就職shopは「東京 ・新宿 ・銀座 ・西東京 ・横浜 ・千葉 ・埼玉 ・大阪 ・神戸 ・京都」を中心に就職・転職支援を行なっています。

 

特に「東京・新宿・銀座・千葉・埼玉」と首都圏に住んでいて、未経験からプログラマー・SE・エンジニアを目指しているなら1度は就職shopは利用する価値があります。

 

就職shopの特徴・おすすめの理由

就職shopの特徴・おすすめの理由を書いていきます。

 

1. 就職shopがどんな場所か?まずは2分程度の動画でCheck

就職shopがどんな場所なのか?何をしてくれるのかを伝えています。

 

就職shopは様々な職種へ就職、転職するためのサポートをしてくれる

紹介する企業は全て調査済みで、本当に良い企業を教えてくれる

人採用をするので書類選考なしですぐに面接できます。面接対策も充実

 

僕が就職shopを就職斡旋に使う方が良いと思うのは・・・

 

ブラックな企業を避けつつ、書類選考しないで面接だけで就職する可能性が大きい点

 

なんです。

 

ハロワ・サポステは正直、微妙ですし、あそこは就職斡旋してくれないですからね。

やってくれて企業の内容紹介くらいで、細かいことはしてくれません。

 

2. 書類選考なしで面接へ!

就職shopでは取材を重ねた企業しか面接に運べない仕組みになっているので、わざわざ自分で企業を調べたり、ブラックかどうかを確認する必要がありません。

 

3. 就職までの流れがスムーズ!

求人を紹介したら、あとは気になる企業と面接をし、その後内定という流れです。

 

当然、これは微妙な企業だ・・・。と感じるようなら採用を断る事もできますし、当然、いきたいと思える企業が見つかるまで踏ん張れます。

 

4. こんな悩みを解決

気になる企業先はこんなイメージ。いわゆるIT系でも仕事ができます。

ニートからプログラマー就職するための就職支援サイトランキングTOP3

ニートからプログラマーに就職した僕が、本当に使えるIT業界に強い就職支援サイトをお伝えします。

求人サイトで出会ったIT企業がいきなり「ブラックIT企業」だった経験から言えることがあります。

それは、プロがフィルタリング(調査)した求人でIT企業を狙うことの重要性です。

まずは、自分にあった支援サイトを一つ選び、そのサイトを中心に求人情報を探すことをおすすめします。

就職Shop

就職Shopのココがおすすめ

ニートの正社員就職を徹底サポート
リクルートの仕事紹介カウンター
書類選考なし、人物本位の正社員求人
利用者数10万人突破

若者正社員チャレンジ事業

若チャレのココがおすすめ

「新たなスタート」を応援する東京都公認の就職支援事業
リアルな職場体験
過去3年間で1000人以上が参加
90%以上の方が半年以内の就職を実現

ProEngineer

プロエンジニアのココがおすすめ

完全無料のプログラミング研修!未経験でもプログラマーへ
資格がとれる
充実の就職支援
正社員就業率96.2%

ハタラクティブ

ハタラクティブのココがおすすめ

未経験ニートから正社員へ
正社員の成功率80.4%の実績
支援実績60000人以上
ビジネスマナーから面接のコツまで徹底サポート

JAIC

ジェイックのココがおすすめ

未経験ニートから正社員に就職!
就職成功率80.3%
支援実績14000名以上
入社後の定着率94.3%

シニア世代ニート
スポンサーリンク
NEETの逆襲

コメント